同志社ラグビー情報’18

2018.11.25 同志社A、関西大Aによもやの接戦の末の勝利!5位でシーズン終わる・・
D38:33K
泣いても笑っても今季最終戦。昨日の気合の入ったジュニア戦を受けて、同志社らしいラグビー(当然圧倒的大勝利)で有終の美を飾って欲しいと同志社ラグビーファンの誰もが望んでいたことだろう。
然るに、よもやの大接戦の末の勝利。(D38:33K)ロスタイムには、全敗のチーム相手に逆転負けの気配さえ感じた。観戦記と言っても、ふぅ〜とため息ばかりである。ともかく勝って良しとしたい。
地力は同志社にあると思えたが、勢いは関西大学にあった。前半開始の被トライ2本が、重く圧し掛かったが、徐々に同志社のペースに回復。やはり、意外にも優勢なスクラムとCTB永富選手の判断が試合を作ったと言って良いだろう。
ただ、キック合戦に付き合い、そして蹴り負けたように、相手のペースに合わせて受けてしまった感が強い。同志社らしい縦横高速展開は、ほとんど見られなかった。
決して当たり負けてしていたとも言えないが、2人目の寄りが遅いせいかダウンボールがままならず、ラックからの速い球出しが出来ずリズムに乗れなかった印象が強い。
何れにせよ「全敗のチームを相手に、こんな試合してどうする」と感じたのが、同志社ファンの偽らざるところだろう。天理が、100点ゲームで勝利した相手だ。
今シーズン、残念ながら選手の懸命な頑張りにもかかわらず、最後までチーム力は上がらなかった。留学生問題、リクルート問題を言う以前に何かがある。

今年は、少なくとも昨季より、良い選手がバランスよく揃ったと思えた。シーズンイン前から、前評判が高かった。不安なのはスクラムの安定ぐらいで、どこまで天理大に肉薄するかに興味があった。
然るに大学選手権出場どころか関西リーグ8位中5位に終わった結果は、チーム内に何かあったのだろうかと邪推してしまう程だが、我々ファンの関与すべき領域ではないだろう。
頑張って頑張って頑張り抜いた山口キャップテンの歓喜の表情を見れなかったのだけが、本当に残念であった。


2018.11.18 同志社A、大体大Aとの接戦を制するも、大学選手権出場への途、途絶える
・・
D31:24O
得点経過と最終スコア(D31:24O)だけを見れば、最後まで目が離せない「息詰まるような大接戦」と言いたいところだが、全く息詰まることはなかった。シーソーゲームといえども、双方ともミスが多く、全くリズムに乗れない凡戦。
同志社は、大型フォワードを擁する大体大のスクラムに、後半こそやや安定したものの、最後まで手こずった。二人目の寄りが遅いせいか、ダウンボールの安定さに欠け、テンポの速い得意の高速展開ラグビーのリズムに全く乗れない。
同志社の防御ラインは、頻繁にいとも簡単に破られ、大体大の選手が大きく走り込む場面が再三見られた。レフェリーから、スクラムの組み方を巡る第一列への指導が、定例行事の如くこの日も繰り返えされた。
大体大もフォワードを前面に押し出して戦うも、肝心なところでミスを連発。入れ替え戦候補らしさ(?)を自ら示した。
同志社の得点は、WTB高野選手やCTB永富選手の個々の力量に負うところが多い。勝ちはしたものの、同志社らしさは少なく、圧勝を期待したファンにイライラ感だけが残った。試合内容は、大学選手権どころの騒ぎではなかった。
ここ一番のチャンス、例えば、敵陣深くからのラインアウトモールに、ノットストレート判定されるに至っては、同志社ファンからさえ、ため息に交じりの失笑さえ漏れた。
ただ、勝つことは素晴らしいことである。勝利インタビュー後の山口キャップテンの安堵の表情に、全ての鬱憤がクリアされた思いだ。
第2試合で、関西学院が京都産業大に敗れたので、残念ながら同志社の大学選手権への途は閉ざされた。残るは、次週の関西大学戦一試合のみとなり、一週間後には、長い長い冬の季節に突入する。


2018.11.11 同志社A、近大Aに順当勝利で大学選手権へ望み繋ぐ
D47:26K
大阪市の花博跡地の鶴見緑地球技場は、快晴のラグビー日和。試合結果のスコアは、まずまず当初の予想通りで、結果として実力差を示した。
近畿大学は、これと言った特長も実績もないが、乗れば嵩に掛かり手が付けれなくなる侮り難いチームとの風評。ただし、同志社の個々選手との実力差は明白で、正にそれを裏付ける試合展開。
この日先発に起用されたNO.8ファイアガ選手Aが暴れまくり(2トライ)、副将CTB富選手Cが柔軟かつ冷徹に変幻自在のステップを切れば(2トライ)、もはや近畿大学は追随できない。
心配したスクラムも、同志社は何とか踏ん張り、試合を作った。
気になったのは、同志社の前への圧力の弱さ。何だか見た目に当たりが弱く、ブレークダウン(←弱い!)がままならぬため、得意の速い球出しと左右への高速展開が出来ず、波に乗り切れない印象を受けた。
試合としては、正直、双方ミスの多い凡試合で、とても大学選手権どころの騒ぎではないと感じたが、流石に言い過ぎかもしれない・・・。
何れにせよ勝つことは素晴らしいことであり、大学選手権出場へ小さいながらも可能性を継続させた。後は、他力本願ながら関西学院大学の勝利(2勝)を祈るのみ。(同志社Aは、通算2勝3敗)

2018.11.10 同志社Jr、摂南Jrに実力どおりの勝利
D57:27S
葉の進む晴天の同志社田辺グランドは快晴。両チームともAスコッドを温存、特に摂南大学Jrは留学生も出場せず、摂南大のイメージとは異なる印象。ただし、大型選手が揃っている。
立ち上がりは、一方的な摂南Jrペース。同志社Jrの防御ラインの上りが変に遅く、一方的に受けに廻り、激しく攻撃する摂南Jrの元気の良さだけが目立った。この結果、前半早々、あっという間に2トライの先行を許す嫌なムード。
これには、流石に同志社ベンチから「内側のディフェンスを早く上げろ・・!」と檄が飛んだ。以降はは大きく立ち直り、ノーサイドまで全般として同志社Jrペース。
スクラムがそこそこ安定、フォワードが互角以上に戦い、同志社優位の展開が続いた。特に、この日ゲームキャップテンに入ったFL平田選手C、CTB芳森選手Cのリードが素晴らしい。
相手のフォワード攻撃で攻めに攻められる場面が多く、耐えに耐えた末の相手ミスによるターンオーバー得点パターンが多かった。(思えば、Aも同じ。)防御の素晴らしさを愛でるのはもちろんだが、理詰めの攻撃からの得点パターンを求めるのは、余りにもファンの欲目か。
1回生LO小菅選手・Fl木原選手は180pを超える大型選手で、地味ながら忠実なプレーを継続、近い将来のレギュラー定着が期待される頼もしい存在。
摂南Jrはパワフルながら粗さが目立ち、同志社Jrの個々のプレーのレベルの高さが際立った。試合結果のD57:21Sは、実力通りのスコア。

2018.11.4 同志社A、粘り強いディフェンスで片目開く
D24:10R
大阪市長居競技場(第2)は、快晴のラグビー日和。開幕戦以来3連勝の立命館に対し、同志社は3連敗で勢いの差は明らか。
キックオフ以降、大型フォワードの立命館はスクラム、接点で同志社フォワードを上回り、6〜7割方、ボールを支配した。息詰まる様なネチネチとした執拗なフォワード攻撃を徹底して仕掛ける立命館に対し、同志社は防戦一方の展開。
しかし、この日の同志社は違った。決して諦めることなく我慢我慢の防御に徹し、ロスタイムに入るまで、決してゴールを割らせることはなかった。
同志社は、前一列の組み方の問題か、一時は自陣ゴール前でコラプシングを続発、挙句の果てに責任を取らされる形でPRがシンビンを受ける始末。それでも14名での防御を貫き、決して防御網が破綻することはなった。
その間、攻めあぐねた立命館のミスを突いて「売り物の同志社バックス」が大きくゲインし、同志社の流れを引き寄せた。ここ一番で、決定力のあるFB南野B、WTB高野C、CTB永富C、WTB原田Bの各選手がトライを決めた。同志社は、リザーブ全員を投入する正に総力戦。
ロスタイム、最後の最後に立命捨は捨て身の攻撃でフォワード攻撃トライの意地を見せたが、所詮は後の祭りだった。
同志社は、“意地”を見せた。フォワードの粘り強い防御で、同志社の片目は開き、大学選手権への途が首一枚繋がった。


2018.11.3 同志社Jr、関西学院Jrにロスタイム逆転リベンジ
D36:31K
快晴の文化の日、深まる紅葉の同志社・田辺G。ジュニア(Jr)リーグは、奇しくもAリーグで前節ロスタイム逆転負けを喫した関西学院が対戦相手。

前半開始早々から同志社Jrは、セットプレーを中心に関学Jr大型フォワードに押され気味で、ダウンボールもままならず、関学Jr優勢の流れで試合が展開した。
しかしながら、同志社バックスの技量は卓越、正に個人プレーの冴えが際立ち、中でもこの日インサイドセンターに入った芳森選手Cがバックスラインをリードし、試合はシーソーゲームの様相を呈した。(前半→D19:17K)
後半もこの流れは変わらず、関学フォワード優位で試合は進んだが、徐々に同志社フォワードが踏ん張り、一時は、同志社が本来目指しているフォワード・バックス一体となった小気味の良い左右への高速展開が可能となった。しかしながら、贔屓目に見ても互角の戦い。
同志社Jrは、後半早々逆転されるも、後半23分には再逆転(D31:24K)し、これでリードを拡げられると思ったのも束の間、大型関学jrに手こずり、後半33分には同点に追いつかれ、前節A戦を髣髴させる嫌な流れを感じた。(D31:31K)
しかしながら、双方捨て身の最終盤の攻防。試合は既にロスタイムに入っていたが、ラックからのこぼれ球をSH金選手がBが拾い、そのまま左サイドを30m弱を独走トライ。前節と全く逆の形で、堂々のロスタイム逆転トライを上げ、GK同時試合終了となった。
同志社の形となる試合をするには、フォワードの踏ん張り次第だとつくづく感じる試合だった。(F)


2018.10.28 同志社A、関西学院Aにまさかの敗戦
D33:40K 快晴の宝ヶ池、前日のジュニアの快勝に気を良くしていた同志社ファンの高揚感は、ロスタイムに一気に暗転した。もはや茫然自失。二の句が次げない。
立ち上がりの同志社ペース(2トライ先行)も束の間、同志社の決定力のなさも相まって、特に速い出足の関学防御ラインにも阻まれ、徐々に関学ペースに・・。前半は同点で折り返した。(D12:12K)あたかも前年の試合展開を見るかのように・・・。
後半、一旦先行されるも同志社は逆転。1トライ差で何とか逃げ切れるかと思えたが、最終盤(38分)に同点、ロスタイムには、絵に描いたような逆転劇を演じられた。関学の思い切りの良さ、同志社の踏ん切りの悪さ、中途半端さが得点差に出た格好。
想定外の敗戦に、大方のファンは第2試合を観ることなく会場を後にした。技量・力量が関学Aより上と見えたのは贔屓の引き倒しかもしれないが、同志社の覇気のなさ・元気のなさを見るに付け、幾度もファンの溜息を誘った。やはり、ここ一番のラインアウト(スローイン)の失敗が、明らかに勝利へのリズムを狂わせた。
ディフェンス力の差が、最終的な得点差となったように思えた。この日、今シーズン初めて14番をつけた、高野選手Cの3トライが光った。それだけが、福音だった。


2018.10.27 同志社Jr、京産大Jrに圧勝!

D68:22K 快晴の同志社Jrは翌日の試合に備えてか、Aのリザーブメンバーをこの日は温存。一方、京産大Jrも同様で少し淋しい陣容での対戦となった。
試合は、前半15分まで京産大Jrペース、フォワードがボールを長くキープし続けた。
しかしながら、決して当たり負けしていない同志社Jrは、何とかスクラムを凌ぎ、徐々にラックからの速い球出しに成功、大きく速く左右に球を散し始めた。敵ラインアウトも競ることなくモール対応に集中、京産大Jr得意のモールをほぼ封じることに成功。
こうなれば、以降は全て同志社Jrの時間帯。得意手を封じられた京産大Jrはミスを多発、同志社Jrのインターセプトからの得点にも繋がった。
ラインアウトからのモール攻撃(得点)も、京産大Jrより同等かそれ以上で京産大Jrのお株を奪った。
結果としてフォワードの奮闘が、同志社らしい勝利に繋がった。

同志社ラグビーファンの皆様にお願い
関西大学ラグビーAリーグは、まだ2節を終了したばかりですが、早くも残すところ1ヶ月となりました。(11/25の関大戦で終了)
同志社大学ラグビー部が全国大学選手権出場を果たすためには、残り全試合の連勝が必須であり、5勝2敗でシーズンを終える必要があります。
そのためには、今週末より毎週開催される残り試合の一つ一つを確実に勝ち抜かなければなりません。少なくとも応援で負けることのないように、同志社ラグビーファンの皆様は、是非とも球技場に掛け付けていただき、選手の背中を熱い声援で押してやっていただきたいと存じます。(DRFC事務局)
DRFC会員の皆様は、観戦チケット@1500円が@1000円になります。球技場入り口付近の同志社大学ラグビー部青テント内DRFCブースにお越し下さい。


2018.10.20 同志社Jr、龍谷大Jrに100点ゲーム!

D116:0R 同志社Jrは、AのリザーブメンバーのHO奥田B・NO.8ファイアガラA・CTB芳森C・WTB原田B・WTB高野C・FB南野Bの各選手を今季初めて投入。必ずしも本来のポジションではないものの、この(Jrリーグ)レベルでは突出した力を発揮した。
優勢なスクラムから左右への高速展開・強烈縦突進は、本来目指す同志社ラグビーを彷彿させ、先般のAの敗戦からは「ふっ切れたもの」を観衆は感じとった。
ラインアウト(互角)を除き、攻撃防御のあらゆる面で圧倒、点差通りの実力差を見せ付けた。攻撃力は言うまでもなく、Jrリーグと言えども「ゼロ封」は記録的快挙。



2018.10.14
同志社A、天理大Aに完敗!
D0:59T 天理大Aは、外人3選手を基軸に攻守共に同志社Aを圧倒。特に防御網は完璧と言って良い程で、大学最高レベルの高い完成度を見せつけた。
同志社Aは、得意の高速展開ラグビーを全く果たせず、為すすべなく敗れた。



掲示板で「同志社ラグービー情報」を提供

当ページ右中(→)の掲示板で、試合の見所・館戦気・写真等のDRFCオリジナル情報を逐次提供しています。
是非ともご覧下さい。(クリックしてご覧下さい。)